kbk-toppic1.jpg

2010年01月23日

勝沼を語る座談会(1)

〜勝沼を語る座談会〜

IMG_6741_320.JPG

座談会を企画しました。目的は「勝沼を想う人が勝沼を語る」ことと「その想いを記録、発信し、後世に残しておく」ということです。職場で畑で地域で家庭で奮闘する勝沼人の生の声を聞きます。

なお座談会の様子は勝沼町CATV組合により収録放映を予定しています。

テーマ:勝沼ではじめる

期日:2月4日(木)午後7時〜

場所:かつぬま文化研究所(川口園敷地内旧甲州街道沿い)
※近藤歯科隣

出席者:
鶴田 真也様(PR会社勤務)
雨宮 一樹様(ワイン醸造家)
奥山 美紀様(パン屋経営)
堀内 芳紀様(農家)
飯島 孝也様(会社員・地域活動リーダー)
高安 一(世話人・研究所常務理事)

IMG_6739_320.JPG

____________________________
進行:
●はじめに
座談会の主旨と出席者紹介(高安)3分

●想い発表
勝沼の誇り(飯島)5分
・ぶどう祭り
意見交換 10分
---
勝沼の農業(堀内)5分
・就農して
意見交換 10分
---
勝沼のワイン(雨宮)5分
・醸造家として
意見交換 10分
---
勝沼でパン屋/勝沼で子育て(奥山) 5分
・奮闘記
意見交換 10分
---
勝沼から世界へ(鶴田) 5分
・ワールドコップを根付かせて
意見交換 10分

IMG_6745_256.JPG


●勝沼はこうなってもらいたい⇒そのためにこうする
フリートーク(全員) 20分



●まとめ
高安 3分




---------------

とても楽しい収録でした。
まさかこれほどまでの“愛勝沼心”溢れ出るとは

勝沼以外の人が聞けば「ウザイ」ぐらいの勝沼イズム炸裂

真剣に地域のことを考えてる証

奥山さんがやさしく言いました「きれいな町にしたい」って。。

十分に伝わってきました



IMG_6740_320.JPG


IMG_6742_256.JPG

IMG_6744_256.JPG



------------
企画/NPO法人Koshuかつぬま文化研究所
撮影/勝沼町CATV組合
協賛/かつぬま朝市





posted by 高安 at 23:00| Comment(0) | 座談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

終戦と生きる権利

今回の明日への伝言は東雲地区山村(山区)の甘利昭三さんからお話を伺います。
SN3E1821_256.JPG

昭和3年勝沼町東雲山村生まれる。
戦時中の昭和19年に徴用工として軍事工場でマグネシウムコンクリート船の造船に従事、その後人間魚雷の回天の製造にも携わる。終戦を迎え上官から生きる権利を説かれ生きることの尊さを心に刻む。根性、辛抱こそが自らを磨き、張りを持って生きることをモットーとする。我が道農業を貫徹し、その姿勢は揺らぐことがない。
現在は息子浩信氏の多角農業のよきアドバイザーであり、全ての雑用もこなすスーパーおじいちゃんである。

■開 催 日  平成22年1月19日(火)
■開催時間  午後7時30分〜
■場  所  勝沼市民会館別館
■ゲ ス ト  甘利昭三さん

--------------------------


IMG_6732_256.JPG

IMG_6734_256.JPG


IMG_6737_256.JPG

IMG_6735_256.JPG


甘利さんのお話は強く私たちの心に響きました。
平和の尊さ、命の大切さ、忠実に生きることへの誇り、実際に体験した人でしか語れないその言葉はいつまでも私たちに残っていきます。






posted by 高安 at 11:07| Comment(0) | 明日への伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。