kbk-toppic1.jpg

2009年05月05日

勝沼地域文化協会総会で講演

勝沼地域文化協会定期総会にて講演してきました。

弁士は小澤代表理事と高安常務理事
IMG_3716_256.JPG

文化協会における小澤代表の思わぬ発言でこの講演会が実現してしまいました。数日前までまさか本当にやるの?という小澤代表でしたが堂々の講演ぶり。

演題もものものしく「勝沼文化研究所の活動を通して勝沼文化を見直す」。文化協会の事務局さんが仮タイトルとして挙げたものを小澤代表しっかり採用。

タイトルに沿った小澤代表の品格ある講演とやたら砕けた高安常任理事の活動発表。記録に訪れた中村常任理事の評です。

---------
〇かつぬま文化研究所は甲州市文化協会勝沼支部に加入している。本日総会ということで、総会後に研究所の事業を紹介する場を設けていただき、小澤代表理事と高安常務理事が活動内容のお話をした。
〇硬〜〜〜いお話の小澤代表と軽〜〜い雰囲気の高安常務理事のコンビが最高。阿吽の呼吸は夫婦の域に達していると感じたのは私だけではなんじゃなかろうか…。
〇もっとも二人が「ウレシイ」と感じるかどうかは疑問なのである。
---------

講演内容

平成21年5月1日
勝沼地区文化協会活動発表
〜私たちの想いと活動〜
NPO Koshuかつぬま文化研究所
代表理事 小澤 正光
常任理事 高安 一
________________________________________
1、研究所設立 平成19年7月
2、運営メンバー 専業兼業農家、会社員、役場職員、個人企業主

3、私たちの想い
・宝物に気付き、再発見、そして活用
・志民と勝沼人の交流を

4、行動をおこそう
知 勝沼の歴史や文化を知る (学習会、まちあるきなど)
考 現状を考えてみる
夢 夢を語ってみる(志民が集い ワイングラスを傾けながら・・)
創 100年後どうあってほしいかを創造してみる
認 志民が共通認識を持つ
筋 創造した誰もが望む勝沼への道筋を考えてみる
動 実現に向けて行動してみる

5、活動内容
【歩こう!勝沼フットパス】 〜勝沼の誇れるぶどう棚の景観を見てもらおう〜
・ぶどう棚は地形なりに広がっている固有の景観
・先人たちが作り上げてきた棚架けの技術
・稲作・製糸産業から、果実栽培・ワイン産業への移り変わりの足跡。近代化遺産
・宮光園からはじまったおもてなし観光
・ガイドツアーの実施 毎回50人〜200人参加
・コース1 駅→トンネル遊歩道→古戦場→太郎橋→宮光園→かつぬま朝市
・コース2 かつぬま朝市→祝橋→勝沼氏館跡→勝沼宿
・コース3 駅→トンネル遊歩道→深沢地区→大善寺
・他 沢楽のみち→住民のやるき

【ワインツーリズム2008(11/8)】〜五感で味わう産地のチカラ〜
・勝沼町内にバスを4台巡らして自由に乗車ブドウとワインの故郷勝沼を満喫してもらう。
近畿、関東、県内、町内から約2000人が参加。バスに乗って各地域までそこから歩いてワイナリーや歴史的産業遺産を見て廻る。
・縁側カフェ・縁側ギャラリーの設置(雨宮観光葡萄園、図書館、大雅園、慶専寺、グレープかねき)他メイン会場にてかつぬま朝市
・ワイン文化ガイドツアーも実施

【勝沼トーク】〜講演会の主催〜
「地域医療を支えるために」 イリモトメディカル代表 煎本正博 氏
「遊び仕事の記憶と農村伝承」 農村工学研究所 山下裕作氏
「甲州種ワインの可能性」 ワイン醸造家 平山繁之氏
「日本の近代化と甲州財閥」 作家 江宮隆之氏
「いま解き明かされる黒川金山と武田・勝沼氏の謎」 室伏 徹氏
「甲州種ワインの将来性」ワインセンター支所長 原川守氏
【明日への伝言】〜口述伝承(実際に体験した地域の歴史を言葉で伝える)〜
*投げ銭方式→お茶、記録(協力勝沼CATV組合)、運営
「我が青春と太平洋戦争」 柏尾地区 雨宮徳造氏
「仲町の移り変わりと田中銀行」 橘田智男氏
「富町の盛衰と思い出」 三森峯子氏


【研究所だより】不定期機関紙の発行

【志民役場(活動拠点)の運営】

お疲れ様でした。
posted by 高安 at 11:51| Comment(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。